1分コンサル白くま通信:ワインと焼酎の経済理論

こんにちは!
株式会社ポーラベアの白くまです。
人吉球磨の球磨焼酎が大好きな経営者です。

今日の1分コンサル白くま通信では
熊本になじみの深い焼酎とワインの両立経営の
例え話のをご紹介いたします。

コンサルをする人々に有名な例え話に蔵元さんは
ワインと焼酎の蔵を両方持つと安泰というお話があります。

これは
ワインは特に好景気によく飲まれるもの
焼酎は、景気が少し落ちると良く飲まれるもの

ということの例えになります。
どちらでも対応できるように
あらかじめ両方用意しておくという理論です(^^*)

経営では、環境の不確実性に対応していくことが求められますので
好景気でも景気が落ちてもビジネスとして成り立つ
戦略を立てておくと良いという意味になります。

実際は、珍しいとは思いますが、あらゆる環境でも
いい経営をしていく準備をすることはとても重要ですよね(^^)

ちなみに、環境の不確実性を予測することもとても重要です!
経営者さまや商店店主さまのお仕事の最重要なもののひとつかと思われます(^^)