1分コンサル白くま通信:お知らせメールから考えるマーケティング

おはようございます(^^)
株式会社ポーラベアの白くまこと畠山和也です。
フェレットが大好きな経営コンサルタントです。

今日の1分コンサル白くま通信は、身近な話題からです。

実は私、ワンデーコンタクトを使っておりまして、コンタクトが必須なんです。
コンタクトがないと家族のフェレットのわさびさん
動く白タオルに見えることもあります(^^:)

最近、ワンデーアキビューからデイリーズアクアという
コンタクトに変えたのですが、とてもいいことがありまして
コンタクトがなくなりそうになりますと、お知らせメールが届きます(^^*)

届きますと「あっ、買わなきゃ」と思い(気づき)コンタクト屋さんに行くわけですが
これは非常に良いマーケティング戦略の例だと思いました(^^)

仕組みはとてもシンプルです。1箱30日用の箱を数箱買うことを記録し
無くなる前にお知らせをするというものですが
これはいろいろなところで応用できます。
(システムを使わなくても、メモ帳と鉛筆と、メールを送れる環境があれば応用できます。)

例えば、お茶屋さんであってもマッサージ屋さんで
あっても民宿であったとしたらと考えてみたらどうでしょう?
様々なことに応用ができますよね。

・お客様の情報
・お客様の趣味や嗜好
を加えれば、ピンポイントなワントゥワンマーケティングにも応用可能です。
さらに、上客さまに対してのプロモーションにも使えます(^^)

余談ですが、分析方法の面白いお話としまして
昔、アメリカのウォルマートで、おむつと一緒にビールが売れる
というデータから、おむつの横にビールをおいた事例
がありました。
これは、アメリカのお父さんは、おむつをお母さんの変わりに
買うことが多く、ついでに(こっそり^^)ビールを買っていくという
データなのですが、ウォルマートの戦略部門のスタッフさんは目をつけました。

そして、おむつの横にビールを置くという商品陳列の判断が
大ヒットを生みました(^^)

データは、IT で収集可能ですが、そこから先の分析や判断
人の力になります(^^)意外と見落としているデータに宝の山が
隠されていることが多いと、コンサルで診断をするたびに思います(^^)