広告がデジタルサイネージになっていくのですね。

こんばんは(^^)
東京の港区赤坂にあります経営コンサルティング会社の
株式会社ポーラベア
のしなのコマチです。
散策が大好きな女性広報です☆=

山手線 新型車量 広告 デジタルサイネージ 電子広告 液晶画面 ポーラベア

 

ハッと気がつくと

山手線の新型車両(E235系)の

座席の上部にある荷物を乗せる台の所に

3つの液晶画面が並んでいるではないですか!!

 

山手線で、新型車両(E235系)が走っているのは承知していましたが、なかなか新型車両に乗り込むことがなく、これまで来てしまっていまして、気がつくのが遅くなったようです(^^;)外観ばかりに気をとられていました。

 

さて、こちらの
液晶画面が並んでいる場所といえば

つり革をつかんで立って乗車する時に目線が行く場所で、広告が貼られている場所です。

 

電車内の広告といえば、乗車すれば

見ちゃいますよね(^^*)

 

それでも最近は・・・

 

ドアの上部に液晶画面があれば

そちらを見てしまうことが
多くなっていました(^^;)

 

そういうことが声になっていたのでしょうか。

 

紙の広告がデジタルサイネージ(電子広告)になっていくのですね。

 

人間の本能と言いましょうか

動くものに目が行ってしまうのは。

 

どんなに好きなスターが踊って歌っていても

視界にそのそばを飛ぶ鳥、さらに上空を飛んでいる飛行機が入ると一瞬でもそちらに意識が行ってしまうという話も聞いたことがあります。

 

動画を長時間見るのは、疲れるという方もほんの少しの時間でしたら見ることはできますし、紙の広告もあれば、いろいろ見ることができて

電車内の広告を楽しく見ることができますね(^^*)