東日本大震災より5年目の今日

こんにちは。
港区赤坂にあります経営コンサルティング&クリエイティブ会社の
株式会社ポーラベアの代表取締役の畠山和也です。

2016年3月11日の本日は、東日本大震災より5年目となります。
2011年の震災時、中央線の車内で地震にあいました。
1回目の地震が落ち着いた後に、すぐに、広い所にいこうと思いまして
青梅街道(大きな道路)に向かったのですが
その後の地震でも道路沿いの電柱がかなり揺れまして
怖かったことを覚えております。

東日本の皆さまも同じであったと思いますが
私も、地震後に携帯電話が使えなくなり
社員さんのことや、お客さまのこと、家族のこと
フェレットたちのことが心配になりましたが
連絡がとれず不安になりました。
公衆電話を見つけて、つながった時はそれはもう安心いたしました。

この時の教訓から、毎年3月11日に、会社で地震や災害時にどう対処するのかという
行動指針を毎年、補足しつつ作っております。人間だけでなく、同じく家族の
フェレットたちの予備の水やごはんなどもリュックにいれておくようにしております。

会社としても個人としても、東北の方々にこれからも出来うることは
たくさんしていきたいと思います。私自身も東北に親戚がおりまして
とても身近なこととして感じております。

これからも株式会社ポーラベアでは被災地の復興を祈念し
日々考え、永続的に協力してまいります。

株式会社ポーラベア 代表取締役 畠山和也 
                社員一同