【お得】出張にLCC(ローコストキャリア)を活用するコツです

LCC(ローコストキャリア)を活用するコツ

 

港区赤坂にありますコンサルティング
&クリエイティブの株式会社ポーラベア白くまこと畠山和也です。
博多のラーメンが大好きな経営コンサルタントです。

私は職業柄、出張で飛行機に搭乗する機会が多いのですが、特に九州に出かける際は、LCC(ローコストキャリア)を活用しています。
ローコストキャリアとは、リーズナブルな料金で搭乗できる飛行機という意味になります。

安いと言っても
客室乗務員さんのサービスがまったく無いというわけではなく、安全性が落ちるというわけでもありません。

席が少しだけ狭いことと
荷物の重量検査が厳しいことと
ドリンクが無料ではつかないこと
出発が成田空港であること
遅延することが稀にあること
などが、LCCと全日空さんや日本航空さんとの違いになります。

全日空さんの正規料金では
例えば、東京から熊本間の正規料金は片道41,100円となりますが、ジェットスターさんでは、成田から熊本が1日前でも片道5,990円~(+カード決済手数料など)程になります。

値段の恩恵を受けつつ
出張でLCC(ローコストキャリア)を使うためには少しばかり工夫が必要になります。
具体的には、全日空さんや日本航空さんのサービスとの差異を埋めていくイメージになります。

 

LCCを出張で活かすための5ポイント

1:成田空港発の遠さを克服するために
東京駅の八重洲口より事前予約をしますと900円で乗れる成田空港行の高速バスがあります。片道1時間です。とても快適です。バス下にトランクルームもあります。出発ターミナルは第3ターミナルになります。

2:事前に荷物を預ける予約をしますと安くなります
LCCの中でも特にジェットスターさんは機内持ち込みなどの重量制限が厳しく、5,000円の飛行機に搭乗するのに、当日6,000円の重量超過代金を払う人などを見ることがあります(><,)。
事前にウェブページより10キロから予約しておきますと、かなり安くなります。
また、荷物を預ける際は、並ぶことが多いので早めに成田空港にいきましょう。
別途片道2,000円程の追加料金で折り畳み自転車等を預けることもできます。アマゾンさんやヨドバシカメラさんなどで、手荷物の重量計を購入しておくと便利です。
※重いコートなどは着て乗ることなどで荷物の重量調整もできますね♪

3:可能なら前泊いたしましょう
LCCは、全日空さんや日本航空さんより時間が正確でない場合があります。そんな時も前泊をすれば安心です。もしくは、到着後、すぐの会議は避けましょう。

4:+アルファのサービスは、お金で得ましょう
席の指定や良い席は、別途ウェブ予約ですることになります。とはいっても、500円から1,000円程になります。前の席を取りますと早く出ることもできます。コーヒーなども有料になりますので、小銭を用意しておきましょう。

5:降りる場所を柔軟にしてみましょう
例えば、熊本に行く際も、LCCが満席でしたら、福岡に降りる方法はあります。JR九州さんのネット予約を事前にしておけば、博多から熊本間は2,500円程であっという間に行くことができます。新幹線みずほですと博多の次は熊本で1駅です。高速バスの本数もとても多いです。

6:親しみやすいサービスを楽しみましょう♪
LCCの客室乗務員さんのサービスは私の個人的な感想では、かなり良いと思います。全日空さんや日本航空さんが良すぎるというだけで、LCCも親しみやすいと思います。関西系のPeach(ピーチ)さんでは「おおきに」と関西弁で挨拶があったりしますが、それも良いものです(^^)

このあたりを意識して頂けますと
LCCでとても良い出張をして頂けると思います。
また、出張の際は、予約時に、日程の変更も可能なプラン(上位サービス)も+アルファでありますので活かすと良いと思います。

いかがでしたでしょうか。
皆さまもぜひご活用されてみてくださいね(^^)