蜘蛛の巣とウェブサイトの相関性について簡単に考察してみました。

こんにちは。
東京赤坂にあります経営コンサルティング会社の
株式会社ポーラベアのしなのコマチです。
自然観察が大好きな女性広報です(^▽^)

 

先日蜘蛛の巣を観ていて思うことがありました。

 

蜘蛛の巣は蜘蛛がいないと
あっと言う間にボロボロになっちゃうのだなぁ・・・。

とシミジミ思ったのです。

 

ん? このことは
ホームページなどウェブサイトもそうだなぁと思います。

丁寧に管理・保守してくれる管理人さんがいないとダメなわけです。

 

こう思ったきっかけが

先日、自宅のベランダに出ようと一歩踏み出した所で

頭に何かが触れ

文字で表現できない自分でも何を言っているか分からない言葉(◎△※×#という風な感じです)を叫びながら
部屋に戻り、何だったのだろうと確認したら、それはもう大そうな蜘蛛の巣でした。

蜘蛛の巣と分かった後は大爆笑。実家に居る時は、頻繁にひっかかっていたので
実家に居た時のことを思い出して大爆笑してしまったわけです。

この前日、ベランダに出たときには無かったので
一晩で本当に立派な人も絡め取れちゃう(!?)くらいの蜘蛛の巣を作ったクモに感心しつつも
ベランダに出れないのは困るので蜘蛛の巣をとりのぞきながら
「どこか別のところで巣を作り直して」って思っていました。
そうしましたら翌日同じ場所の数十センチ上に陣取っていました(^^;)
はじめにひっかかったほど立派な物じゃありませんでしたが
私がベランダに出るときにクモの巣に囚われなければ良いので安心していました。

しかしその翌日、その蜘蛛の巣がもう蛻の殻、ボロボロになっていたんです。

蜘蛛もその場所がふさわしくない場所と思ってか別の場所できれいな蜘蛛の巣を張り直していました。

 

蜘蛛の巣は蜘蛛が居なくなるとあっと言う間にボロボロになると、当たり前といえば当たり前のことを改めて思いました。

 

そして、ウェブサイト
適切に管理・保守しないとボロボロになります。

 

外観をきれいに作っても

情報や記事の更新がなかったり

その記事も皆さんが興味の無いことだったり、楽しいものでなかったりしたら

ただの箱ですし

そのただの箱も機能のアップデートなどの管理・手入れをしなかったら

見かけはきれいでも中はボロボロの箱になっちゃうわけです。

ボロボロの箱も長時間放置していると

骨組みもスッカスカになり

いつ崩れちゃってもおかしくない箱になっちゃいます。

 

弊社では、このようなものや
管理人さまの居ないサイトのメンテナンスも可能です。

また、よくあるご相談なのですが

万が一ウェブサイト真っ白になっても弊社では元に戻す技術等は持ち合わせておりますので
サイト管理で、ピンチ!&お困りになられた方はご相談ください。
※状況、状態により元に戻すことが出来ないこともございます。ご了承ください。その場合でも新しいものを作ることや管理・保守をすることもできます。

株式会社ポーラベア お問い合わせフォームへ

1~2営業日以内に弊社から、ご案内のご連絡をメールでいたします。

※もしお問い合わせに送ったにも関わらずご連絡が無い場合
届いていない可能性がありますので、再度お送りください。
お問い合わせフォームのページにインフォメールのアドレスも記してあります。

 

商店さま向けの簡易ホームページを制作いたします

2018.07.21

1分コンサル白くま通信:ウェブサイトでの情報の発信を積極的に行いましょう!

2016.08.13

1分コンサル白くま通信 ウェブサイトの更新数を増やしてみましょう

2015.05.14