ブラジルワールドカップが迫ってきましたね(^^)♪

こんにちは(^^)
株式会社ポーラベアの白くまです。
6月が大好きな経営コンサルタントです。

6月といえば2014 FIFAワールドカップブラジルが直前に迫ってまいりました。

私がワールドカップをはじめてみたのは86年の大会あたりであったと思います。
マラドーナ選手が大活躍でしたよね!
90年の大会では西ドイツの守備と手堅さに感心をいたしました。
94年はアメリカの暑さとブラジルのロマーリオ&ベベットの攻撃陣
98年はフランスのジダンの大会でした。
02年は、日本代表の初のベスト16とロナウドの大活躍
06年はジダンが最後に力尽き、イタリアが優勝しました。
10年は、無敵艦隊のスペインがついに優勝できましたよね。

2014年はいったいどのチーム優勝をするかが楽しみです。
日本代表もぜひベスト8位以上に進出して欲しいと思います。

経営コンサルタントの立場ですと守備と攻撃のバランスの良いチームを
注目していきたいと思います。

サッカーを企業で例えますと
守備がないと、企業は維持することができません。
しかしながら、守備偏重ですと内弁慶になってしまいます。
そして、攻撃があればイノベーションであったり、新しい広がりに
繋がりますが、攻撃偏重ですと守備がおろそかになってしまいます。

経営コンサルタントとして、企業内でバランスを調整したり
大きな組織では、両サイドを広げてみたり、小規模組織では
上手く少人数で打開できる仕組みを作ったりしております。

ワールドカップはとても学ぶことが多い大会ですので
注目してみていこうと思います(^^)

また、ワールドカップは最大7試合勝てば優勝できてしまいますので
優勝常連国の省エネ力も注目してみたいです。
ドイツ、イタリア、ブラジルなどは、決勝に向けて調子を上げて
くる感があります。
(今回は、イタリアは戦力的に最初から全力でいかなくては
いけない可能性もあります)