レールのモニュメントがあります。【京成高砂駅】

京成電鉄 北総鉄道 高砂駅 レール モニュメント ポーラベア 京成電鉄 北総鉄道 高砂駅 レール モニュメント ポーラベア

 

おはようございます(^^)
経営コンサルティング会社の株式会社ポーラベアのしなのコマチです。
散策が大好きな女性広報です☆=

 

電車の乗り継ぎをするのに京成高砂駅で少々時間がありましたので、構内を散策してみました(^^*)

京成高砂駅のコンコースにモニュメントがありましたので、解説板を読んでみました。

そこには、この羊の角のようなイメージの鉄の棒は(^^;)

レールのモニュメントでした。

「レールのモニュメント」と言うと簡単な感じがしてしまいますが、歴史のあるレールなのです。

1912年(大正元年)から44年間レールとして活躍し、その後は高砂駅のホーム屋根の支柱として41年使用され、1996年(平成8年)のコンコースの拡張で引退することとなり、モニュメントになりました。

 

京成電鉄 北総鉄道 高砂駅 レール モニュメント ポーラベア

ホームで電車を待つ時間、入線してくる電車を見るのも楽しいですが、普段は乗り換えなどだけでしか使っていなかった駅も構内の探検(散策)をすると新たな発見があって楽しいと思います(^^*)