アダンソンハエトリグモを砂糖水接待しました(^^)

こんばんは。
経営コンサルティング会社の株式会社ポーラベアのしなのコマチです。
観察が大好きな女性広報です(^ー^)

 

アダンソンハエトリグモを

砂糖水接待しました(^^)

 

虫の話なので

苦手な方はご注意ください。

 

いつもとは違って写真は下部に配置します。

 

よく・・・ というのはどうかなぁと思いますが(^^;)

部屋の中で

たまに見かけるだろう

ピョンピョンと跳ねたりする

1cmもない黒っぽいクモです。

 

部屋の中に出ても

大きなクモの巣を張るクモではないので

「いるなぁ」と思ってスルーしたり

それでも気になる方は

そーっと外に出てもらったりしているかなと思います。

 

特に人間に害の無い

どちらかと言えば

人間にとっては

良いことをする

益虫なので

 

私は
できるだけ部屋を巡回してもらって

小さい虫(←こちらは害虫と呼ばれるヤツ)を

退治してもらおうと

 

出来る時には

 

砂糖水接待しています♪

 

人間が甘いかどうか
かろうじて分かるくらいの砂糖水を

綿棒などに浸して

驚かせないようにそ~っと

アダンソンハエトリに近づけると

食べ物が欲しいときは・・・

 

逃げずに!

 

綿棒に足をおいて

 

(写真にあるように)
飲んでくれるんです
\(*^▽^*)ノ

 

もちろん、必要ないときは

まったく無関心にスルーしてくれます( ̄o ̄;)

 

一度、砂糖水を飲んでくれちゃったりすると

かわいく思えちゃうわけです♪

 

ちなみに
巣は部屋の天井の角などに
自分の身体より一回りくらい大きい
サイズのものがあったりします。

たまに脱皮した跡が残っていることもあります(^^;)

雄雌は、色が違います。

雄は黒に白いラインがくっきりとカッコイイです。

雌は、薄茶色と少々地味です(^^;)

 

アダンソンハエトリグモについて
熱く語ってしまいました(^^;)

あ!

これ、少し早いですけど

覚えていたら

夏休みの自由研究に良いかもしれません♪

と・・・ 〆ることにいたします(´~`ヾ)

 

 

株式会社ポーラベアのホームページ
株式会社ポーラベアフェイスブックページ