【1分コンサル白くま通信】二八(ニッパチ)の時期を乗り切りましょう!

こんにちは。港区赤坂にあります経営コンサルティング会社の
株式会社ポーラベアの白くまこと畠山和也です。
甘いお菓子が大好きな経営コンサルタントです。

1分コンサル白くま通信カテゴリーでは、経営にお役立ちの情報を
1分程度で読めるコラムにまとめております。

今回のテーマは二八(ニッパチ)の時期についてです。
具体的には、業種によっては2月と8月は、売上が下がると言われています。
特に小売店などでは影響が出ることがあります。

では、要因を挙げてみましょう。

2月は寒く
8月は暑い
というものもあります。

12月や1月にはお金をたくさん使う人も多いので
2月に大きな反動がおこることもありますよね。

さらに2月は、日数が少なく
8月はお休みが多いということもあります。

気づかれにくいポイントとしましては
小売りの小規模法人の場合は、決算が1月や7月の場合
決算などもろもろの経理のお仕事で、2月と8月に手がまわらなく
なることもありますので、事前に準備と対策が必要です。

対策としましては
例えば、チョコ業界などはバレンタインなどのプロモーションをかけたりするわけです。
プロモーションをかけるには事前に入念な準備が必要になります。

よく2月8月のこの時期に何をしておくと良いのでしょうか?
と聞かれるのですが

私は
「お手紙を書いてみましょう」
とお話をしております。

1日3通づつ書いていれば、例えば、2016年2月は29日ありますので合計87通になります。

2月と8月に続けられれば、他の繁忙期にもお手紙を書く習慣を
身につけることができます。

ハガキですと52円・封筒ですと82円になります。
ポイントは、そのお客さまや読み手に向けて丁寧に書くことになります。

もちろん返事などは期待しなくて大丈夫です。
その変わり、返事がきた場合はまた、お手紙を書きましょう。

こちらのお手紙の作戦は、役職が高いほど効果的であります。
また、お客さまに近い販売員さんが書いても効果的です。

ポイントは、販売の情報をあまり書かないことが大切です。

いかがでしたでしょうか?
二八の時期の閑散期には、事前にプロモーションの準備をしておくことと
お手紙のお話をしました。

また、二八の時期の例外もあります。
例えば、旅行代理店や航空会社などは、八月は繁忙期になりますね。
税理士さんなども、確定申告前はお忙しくなります。

次回の1分コンサル白くま通信をぜひお楽しみになさってくださいね。

株式会社ポーラベアサービスページ

株式会社ポーラベア会社概要ページ

1分コンサル白くま通信カテゴリーページ