中央線沿線の良い銭湯 その1:高円寺 小杉湯さん(^^)

こんにちは。港区赤坂にあります経営コンサルティング&クリエイティブ会社の株式会社ポーラベア白くまです。銭湯と立春が大好きな経営コンサルタントです。
 
皆さまは、銭湯はお好きですか?
私は、昔ながらの良い雰囲気や広い湯船や
湯上り後のコーヒー牛乳が大好きでよく出かけています。
2017年2月現在、銭湯の入浴料は460円になります。
ワンコイン未満の460円で健康かつ幸せになれてしまう良い趣味になるかなあと思います。

銭湯と言えば、お風呂の壁面画の富士山になりますよね!
東京の方では、壁面画の第一人者の丸山清人さんという方がいろいろな銭湯で掻かれているそうです。
※毒蝮三太夫さんのラジオ番組で紹介されている時に聴いたことがあります。

湯船につかりながら
富士山の壁面画をみてほのぼのしていると仕事の疲れなどがとれてきます。

今回、出向いた東京の良い銭湯は高円寺の小杉湯さんになります。

小杉湯さん

小杉湯さんのアクセスはとても便利で
北口の商店街を歩いて、少し曲がった場所にあります。
(徒歩5分程です)

小杉湯さんを知ったきっかけは西荻窪の戎(えびす)さんという渋い飲み屋で飲んでいた際に隣の席に偶然座られていた方が、私と同じ銭湯好きな方で、お話をする中で
「中央線では小杉湯さんのキンキンに冷えた水風呂は最高ですよ」
と聞きまして、これは温冷浴をしようと思い出かけました(^^)

※温冷浴とは、冷たいお風呂と熱いお風呂を交互に入るお風呂の入り方になります。

サウナなどには水風呂はほぼありますが、銭湯での水風呂はスペースの関係から減っていますよね。

小杉湯さんは、都内では珍しく、水風呂と熱いお風呂をがミックスされている温冷湯天国です!
水風呂は、本当に冷えていて気持ちよかったです。その後の、熱い湯も良かったです。

水風呂は、寒いのは最初だけで、はじめに熱い湯に入っておけば、身体に熱い膜(イメージ)がはっている状態で入れますので、思ったより大丈夫だと思います。

番台の向かい側では美味しい水が飲めたり、故地井武男さんのサインもありました。

地井さんサイン

高円寺小杉湯さんのブログ


企業さまや商店さまも、銭湯での入浴での健康促進のように
定期的な企業自体の健康促進施策がおススメです。

株式会社ポーラベアでは、企業さまの経営診断(健康診断)
ホームページ診断、定期的な各種コンサルティングをご用意しております。