ツマグロヒョウモン ☆ピコたん☆ 羽化から成虫 前編

こんばんは。経営コンサルティング会社の株式会社ポーラベアのしなのコマチです。
初めて蝶を飼ってみた観察が大好きな女性広報です(^ー^)

ツマグロヒョウモン☆ピコたん☆をご紹介いたします。
2016年11月~2017年2月まで一緒に過ごしました。今回は羽化と成虫時の様子をご紹介いたします。
※蝶の写真がたくさん出ておりますので、苦手な方はお気をつけください。

2017年1月

2017年1月6日
ツマグロヒョウモンの蛹が!!!

羽化しちゃいました Σ(゜Д゜;)

羽化したツマグロヒョウモンメスでした!

他の方のブログなどで、この時期羽化することもあるということと蛹で越冬した場合の羽化の確立などを読みましたが「羽化してよかった!」という風に考えられました。

蛹から出てくるところは見ることができませんでしたが、出てきたばっかりで蛹につかまっているところで気がつきました。(気がついたのは午後3時頃のことで、この時室内の気温18度、湿度50%でした。ここまでピコたんの居た部屋の気温は10~21度程度で、湿度は40~60%でした。)

羽化してしまったツマグロヒョウモンをまずは部屋の中で生活させて、第一に長生きしてもらうこと第二に他のツマグロヒョウモンと出会わせる方法を考えます。

(^▽^)名前をつけました。羽がピコ太郎さんと同じような模様なので「ピコたん」と命名しました!(ピコ太郎さんよりツマグロヒョウモンのほうが先だというのは分かっていますが)オスだったら、まんま「ピコ太郎」だったかもです(^^*)

ツマグロヒョウモン 羽化 ツマグロヒョウモン 羽化 ツマグロヒョウモン 羽化

2017年1月7日
ピコたんが飛びました!(正確には飛んでいる所を見ることが初めてできました)
幼虫の時は、スミレを用意して食べさせていましたが、今度は! この真冬に・・・蜜の多い、の好きそうな部屋の中に置ける花って何だろう?とお花屋さんに行きましたら、桜草があったので、桜草を買いました。

お花屋さんに行く前に、砂糖水を飲ませています。

調べてみましたら、前足に蜜を察知する器官があるということでしたので、触らせてみたら!!飲んだのです。

目と目の間にストローを収納しているのですが、ストローが伸びてきた時は、感動しました♪

ツマグロヒョウモン ツマグロヒョウモンのために用意したブーケ

桜草だけでは、心配だったので小さなブーケも買ってみました(^^;)
結果、ピコたんが一番好んでいたのは、桜草でした。

桜草は、知らない花ではありませんでしたが今回ピコたんのおかげで、桜草がとっても甘い良い香りがするということを知りました(^^*)

こちらは、蛹の殻です。なんだか殻も愛おしく思えてしばらく眺めてしまいました(^^)

2017年1月8日
手のひらに乗ってくれるピコたん

ツマグロヒョウモン

手の甲にも登ってきます(^^)
外を飛んでいる蝶では、ありえないのではないかと・・・少々複雑な気持ちにもなります。

ツマグロヒョウモン

2017年1月12日
ピコたんが、羽化して明日で一週間経ちます ヽ(*’▽’*)ノ

ツマグロヒョウモン ロウ梅にとまるツマグロヒョウモン ロウ梅にとまるツマグロヒョウモン

ロウ梅の蜜も吸ってくれています (๑›ω‹๑)੭
ロウ梅は、数日前に実家からもらってきていました。
明日明後日の寒波に備えピコたんのお部屋も冷えないようにしなくちゃです。

よろしかったら、こちらのページもご覧ください。
ツマグロヒョウモン ☆ピコたん☆ 幼虫から蛹編 のページへ

株式会社ポーラベアのホームページ・トップ
株式会社ポーラベアフェイスブックページ