1分コンサル白くま通信:iphoneから考える新しいもの論

こんにちは!
株式会社ポーラベアの白くまこと、畠山和也です。
新しいものが大好きな経営コンサルタントです。

熊本に出張に行った際に良くご質問をされたことなのですが
「iphone が欲しいのですが、使いやすいですか?」
というご質問を受けました。

これは、とても経営的にも興味深いご質問で
人間というのは、今まで慣れていたものから新しいものへと
移行したり、慣習が変わる際に、なかなか行動へと結びつかないといわれます。

また、開発者側からしますと、最初に飛びつくユーザーというのは
新しいから飛びついたり、要求が高くなるので、その声を全て聞き入れますと
大衆の多くには売れないものになると言われております。

ここから先はコンサル論ではないのですが
iphone タッチパネルに最初は抵抗があったのですが
使いやすいと個人的には思います。
また、ワードもエクセルもブログもできるので、出張時にパソコンを
開かなくてもその場で決定ができるので便利です。

持って無くても、ipod やデジカメで
代用が可能ですので大丈夫だとも思います(^^)

商店さまなどは、直接売る、売り物でなくても、どんな人が
どんなライフスタイルで買うのだろうという推論を出すと
とても良いトレーニングになると思います。